歯は削るものでなく、守るものです

~私たちの治療に対する考え方~

医学の進歩により、人間の平均寿命は格段に伸びています。
しかしながら、生涯、ご自分の歯で噛むことのできる方はなんと僅かなことでしょう。
毎日の診療で常に痛感することは、
「歯を守るためには、どんな治療よりも、まず予防することが必要である」ということです。
むし歯や歯周病において「再発・治療を何度も繰り返し、そのたびに歯を削る」
この連鎖を食い止めなければ、いずれは歯を失ってしまうのです。
その原因を追求し、再発を防ぐことこそが大切なのです。
カウンセリングと診査、診断、そして治療。さらにその後のメンテナンスと検診。
患者さんと私たちの信頼関係を礎に、最良、最善の歯科医療をご提供し、
みなさまにとって、一生涯の歯科医院となりますよう研鑽を続けてまいります。